youtubeで自分の動画に批判的なコメントが入ったら【youtubeアフィリエイト】

こんにちは。

 

KEYです。

 

今日は「批判的なコメントが入った時」について話していきたいと思います。

 

 

コメント機能とは

 

YOUTUBEにはコメント機能があります

 

 

もしどの部分かわからない人がいたらまず自分で見て欲しいんですけど、動画の下部分にあります。

動画を見た人がそれに対しての意見だったり感想だったりを書く事ができるものです。

 

 

最近は少し昔と仕様が変わってチャンネル運営者の「いいね」が別で見られるようになったり、コメントを固定したりすることができるようになりました。

 

 

 

ここを改変してくるってことはやはりYOUTUBEはTwitter同様、視聴者同士だったり、運営者と視聴者のコミュニケーションを大事にしているということなんですけど…

 

 

やっぱり長く運営していくと、いろんなコメントを目にすることがあります。

 

 

 

運営者に対しての応援コメントだったり、動画の感想だったり…その時に「批判的なコメント」をもらうことがあります。

 

 

私がもらったコメントでいうと、

「クソ女が意気がってんじゃねぇよ」

「全然面白くねぇよゴミ動画が」

「〇〇さんのパクリですか?」

 

とまぁ、中には言われる筋合いのないものもありました。笑

 

 

こういうコメントをもらった時に、すごく凹んでしまう人っているんですよね。

 

 

一番最初にもらった時は私も凹みました。

 

 

「クソ女って…言われる筋合いないんだけど…」みたいな感じですね。笑

 

批判的なコメント気にする必要なし!

 

結論から言うと、凹む必要はありません

 

上に書いた意味のわからないコメントは別として、YOUTUBEにもいろんな人がいますのでBADクリックを押して回る人、批判的なコメントをあなただけではなくいろんなところでしまくる人っていうのがいるのも事実です。

 

逆に言えば、あなたのファンだったとしても一切コメントしない視聴者というのもいます。

 

私も個人的に好きなユーチューバーがいますが一度もコメントしたことはありません。

 

批判的なコメントをチャンスに変える

 

批判的なコメントというのは、考え方によってはチャンスなんですよね。

 

よくお客様からのクレームをすごく大事にしている企業の話をテレビでやっていたりしますが、それと同じです。

 

真っ当なコメントであれば、「なぜそう思ったのか理由をお聞かせいただけますか?」返信してあげればいいわけです。

 

もしかしたらチャンネルを改善するヒントをくれるかもしれないしそれがきっかけであなたのファンになるかもしれません。

 

コメントに返信すればそれに他の視聴者の方も反応して色々なことを教えてくださるかもしれませんしね。

 

まとめ

 

一番いけないのはコメントを恐れて動画を投稿できなくなるということです。

 

あまり気にせずに、作業を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です